Blog

【1回読めばわかる】ブログの文章力がなくてもプロのような文章力を手に入れられる

ブログの文章でプロのような読まれる記事が書ける画像

ブログの文章力がなくて集客に困っている人はいますか。

文章力が備わっていると、読者(訪問者)の滞在時間が長くSEOにも優位になれます。

しかし文章力が備っていないと、読者の離脱率が高くなりSEOにも不利になってしまいます。

そこでこの記事を読むことで、プロのような文章力を手に入れることと良質な記事を書くことができるようになります。

”真似するだけ”でブログの文章力が手に入るテクニックも紹介していますので、見やすい記事となっています。

ブログのSEO評価が上がらず、文章力で悩んでいるは是非参考にしてください。

あんにー

ブログ歴5年と現在WordPress運用は3サイトしているよ!

この記事からわかること!
  • 必要な文章力の違い
  • ブログで必要な文章力
  • どうしたら読者の滞在時間が長くなるのか
  • 今日から使える5つのテクニック
  • ブログで本当に大事なこと

文章力とは?

文章力とは、基本的に文章を書く力のことを言います。

知識や経験の差から言葉の引き出しの量が違うので、文章を書く力は人によって異なります。

目上の人が難しい言葉を使ったり言葉の引き出しが多い理由は、知識と経験に差があるからと考えます。

必要な文章力の違い

文章を書くと言っても紙媒体とWeb媒体で書き方が異なります。

  • 紙媒体
    情報の質を高めて魅力的な文章が求められる
  • Web媒体(ブログ)
    読者の興味を惹いてストレスがないものが求められる

恐らく多くの人がイメージしている文章力は、紙媒体だったり小説などで目にするような文章力ではないでしょうか。

文章を書く理由は文章を読む人がいるからです。

つまり読み手によって文章の書き方は大きく変わるということです。

あんにー

読み手を理解することで知識や経験が少なくても文章は書けるよ!

紙媒体の場合、お金を支払って文章を読むことが多いので、文章を読むことに対して意識が高い人が多いです。

新聞が今でも人気があるのは、そういった背景も存在します。

なので紙媒体とWeb媒体でも大きく読者から求められることが変わり必要な文章力も異なります。

Web媒体の場合は、誰でも気楽に読めることが魅力ですよね。

ぴちまる

ブログにはどんな文章力が必要なの?

ブログで必要な文章力

Web媒体で必要な文章力は、読者の興味を惹きストレスを感じない文章力です。

  1. 興味を惹きつける文章の書き方
  2. ストレスを与えない文章の書き方

興味を惹きつける文章の書き方

興味を惹きつける文章の書き方は、見出しやブログの書き出しを丁寧に作ることがとても大事なポイントになります。

読者が記事を読むかどうかを決める判断材料になるため、ブログの書き出しには時間を費やしましょう。

興味を惹きつける文書の書き方は、別の記事に詳しくまとめてありますので参考にしてください。

ブログで初心者がつまづきやすいポイントの画像
【100%沼る】ブログ初心者がハマる罠と回避するための重要なブログの書き出し ブログの書き出しは読者が記事を読むか読まないかを判断する大事な部分に当たります。 読者の離脱率が多い原因は、ブログの書き出しに原...

ストレスを与えない文章の書き方

Web媒体(ブログ)は、簡単に無料で読める反面、疲労が溜まりやすかったり短時間で読みたいと考えるものです。

そのため読者にストレスを与えずに読みやすい文章の書き方が重宝されます。

どのくらいで読み終えることができるのか『目安時間』を表示させて読者目線に立つことも1つのポイントです。

ストレスの与えない文章は気がついたら読み終えているものなので、離脱することなく最後まで読み終えてくれることでしょう。

あんにー

自分に置き換えてみるとわかりやすいよ!

大事なことは読者にストレスを与えずに長く読んでもらえることです。

【真似するだけ】ブログの文章力が身につく

今までブログの記事を書いたことがある人は、ご自身のブログと照らし合わせながらチェックしてみてください。

またブログの記事を書いたことがない人は、読んで学びブログの記事を書くときに役立ててください。

以下の5つのテクニックを例文や参考を交えながら解説していきます。

大事な5つのテクニック

ブログで使える大事なテクニックです。

企業やSEO上位表示されているサイトではマストなテクニックとなります。

余計な単語を削る

文章を見返して確認する行為はとても大事です。

僕は書き終えた後に誤字を確認するだけではなく、1つの見出しと文章を書き終えるたび、休憩を挟むたびに確認しています。

何故かといいますとかいている内容の本質は変わらなくても伝え方ひとつで感じ方や捉え方が変わるからです。

表現の1つとして装飾語を使うことがあります。
「とても」、「めちゃくちゃ」、「意外と」などその時々に合う言葉は異なりますよね。

日頃よく使う言葉は癖となり表現しがちですが、読者(読み手)からすると聞き慣れない言葉だったりもします。

読者目線に立つためには、その都度読み返すことで同じ目線に立つことができるからです。

回りくどい言い方は避ける

回りくどい言い方や論文、小説のようなかしこまりすぎた言葉は避けましょう。

Web媒体(ブログ)は、紙媒体に比べるとフランクな表現の方が好まれることが多いです。

スマホ普及率の拡大やSNSの需要が関係しているからです。

  • 時間がないからご飯を食べることができないでしょう
  • 時間がないからご飯は食べられません

以上のように簡潔的に伝えたほうが読んだときに苦しくなりません。

あんにー

僕も後で読み返すと気がつくことがあるよ・・

「と」「や」を連続して使わない

たくさんの固有名詞や名詞がたくさん登場する場合「と」「や」を多く使いがちです。

しかし読み手からすると「全部書く必要があるかな?」と感じるものです。

  • ラーメンやつけ麺やそばやうどん
  • ラーメンやつけ麺、そば、うどん

ひらがなが多い場合読みにくい文章にもなるので、「と」「や」を1度使ったらしばらくは使わないように。

こそあど言葉は最小限に抑える

「これ」や「それ」、「あれ」、「どれ」などの指示語は抑えましょう。

  • これは◯◯で、あれは◯◯です。
  • これはあれを使いました。

書き手はわかっている内容なので省きがちですが、読み手はわからないものです。

読み手からすると意味がわからないので名詞などを使って伝えましょう。

文頭1語目の句読点には注意する

文頭1語目に句読点を付けると文章に句読点が多くなり読みにくくなります。

  • しかし、読み手には伝わりにくく、離脱率にもつながります。
  • また、SEOにも不利になるため、ブロガーとして避けたいです。

決まりと言うよりかは、個人の主観でもあるため「読みやすい!」、「読みにくい・・」は異なるのも事実です。

しかし企業が運用するメディアでも基本的に文頭1語目に句読点が付くことはないので、参考にした方が吉でしょう。

あくまでも句読点は、読みやすくするためのものです。

参考にする人を決めよう

自分ひとりで試行錯誤しても思うように結果が伸びないことありますよね。

「月に5万円を稼ぎたい!」と思って始めたブログで、収益が0円の時期はとても辛いです。

そんなときは目標となる人やブログを決めることがおすすめです。

ポイントとしては、とても有名ではなく自分よりかは参考になる間の存在を探すことがおすすめです。

サイトデザインはもちろん、記事ひとつでも照らし合わせて見ることで、表現の違いや句読点の数も異なるものです。

ブログで稼ぐための本質は良質な記事を書くことです。

あんにー

お気に入りを見つけてブックマークしておこう!

ブログの文章力で大事なことは3つ

ブログで良質な記事を書くために、大事なことは主に3つです。

良質な記事を書き上げることができれば、読者の滞在時間が自然と長くなりSEOにも優位になれます。

  • 考える時間
  • 調べる時間
  • 見返す時間

考える時間

考える時間をしっかりと設けましょう。

読みやすい文章かどうか読者目線に立って考えることで、良質な記事を書くことができます。

調べる時間

調べる時間をしっかりと設けましょう。

使える漢字は使い難しい漢字はひらがなにするなど他者のサイトを調べることで、良質な記事を書くことができます。

見返す時間

見返す時間をしっかりと設けましょう。

休憩のタイミング1つの見出しを書き上げたタイミングなど見返すことで、良質な記事を書くことができます。

あんにー

慣れるまでは少し手間だけど、SEOで上位表示されるサイトは基本的に当たり前にこなしていることだから、必ずチェックしておこう!

まとめ

文章力とは知識や経験から差が出る。

Web媒体(ブログ)で求められる文章力とは紙媒体と異なる。

ブログで必要な文章力は興味を惹きつける言葉とストレスを与えない文章。

5つのテクニックを会得することでブログの文章力を身につけることができる。

参考となる人、もしくはサイトを決めよう。

3つの時間をしっかりと設けることで知識や経験が少なくても文章力を手に入れられる。