Blog

【無料版だけ】WordPressのプラグインとは?おすすめから必須プラグインまとめ

WordPressのプラグインとはおすすめ無料版の紹介画像

WordPressのプラグインはとても便利で簡単にカスタマイズすることができます。

多くのユーザーが愛用しているプラグインもたくさんあります。

しかしWordPressプラグインの知識がないと、デメリットとなりバグが生じる場合もあります。

当記事では、過去の経験と現在当サイトで利用している「いいものだけ」を厳選してまとめました。

WordPressのプラグインの知識が浅い人や何がおすすめなプラグインかわからない人は、是非参考にしてください。

最後まで読み理解すればWordPressのプラグインを理解することができます。

あんにー

過去4年間の経験と当サイトで使っているプラグインの中から
厳選して「いいものだけ」を集めました!

この記事からわかること!
  • WordPressのプラグインの基礎知識
  • プラグインに対して理解が浅いとバグが生じること
  • 当サイトで使っているプラグインの紹介
  • Webサイトのデザインをカスタマイズしたいときのプラグイン

WordPressのプラグインとは?

プラグインとは、WordPressをカスタマイズしたりデザインする際に便利な拡張機能です。

スマホの場合、アプリをインストールすることでカスタマイズしたりデザインに力を入れることができますよね。

それのWordPressバージョンというイメージでOKです。

プラグインの種類と基礎知識

WordPressのプラグインはそれぞれ開発者の存在があり、世界中のプログラマーが開発しています。

なのでプラグインの数もとても多く、2019年のWordPressプラグインの有効インストール数は55,000件以上と言われています。

2019年のWordPressプラグインの有効インストール数は、55,000件以上。

KINSTA:WordPressの興味深い統計と事実
ぴちまる

どんなプラグインがあるの?

有名なものから無名なものまで、全て合わせると55,000件以上のプラグインがあるが、実際に使われてているプラグインの例を挙げてみます。

  • SEO対策ができるプラグイン
  • エディターをカスタマイズできるプラグイン
  • お問い合わせフォームを追加できるプラグイン

上記のようにプラグインとは、WordPressを使うに当たってできることが増えるということです。

プログラミングコードを記述することで、WordPressブログのカスタマイズやデザインの変更をすることもできます。

しかしプログラミングのスキルがない人が多かったり、簡単にカスタマイズやデザインの変更ができることから、多くのWordPress利用者が愛用しています。

WordPressのプラグインを導入すべき理由

WordPressのプラグインを導入すべき理由は、簡単にカスタマイズができたりデザインを編集することができるからです。

1つ前の見出しでもお伝えしたとおり、従来まではWebサイト(ブログ)を運営しようとしたらプログラミングのスキルが必要でした。

お問い合わせフォーム1つ設置するにしてもPHP言語のスキルを学ぶ必要がありました。

しかし現在では、WordPressのプラグインを使うことで、簡単且つ誰でも自由自在に編集をすることができます。

これがWordPressのプラグインを導入すべき最大の理由です。

WordPressのプラグインの開発者は、世界中に存在しており日々増え続けています。

カスタマイズ性を強調するプラグインやデザイン性を強調できるプラグイン、さらにはスパム対策などセキュリティー面もプラグインで補うことができます。

ぴちまる

WordPressのプラグインはたくさん導入すれば良いんだね!

プラグインを導入する際の注意事項

WordPressのプラグインはとても便利で簡単に独自性を追求することも可能です。

しかしたくさんインストールすればいいわけではありません。

無闇矢鱈に導入しない方がいい理由は、開発者の身元がわからないことや容量が大きくページを開く際に時間がかかってしまう可能性もあります。

開発者の信頼性

プラグインの開発者のハンドルネームは知ることができますが、「どんな人なのか?」、「信頼できる人なのか?」がわかりません。

また可能性の1つとしてウィルスが紛れていたり、開発者側の広告が表示されることもあります。

日本よりも海外の開発者の方が多いので英語表記のものが大半を締めています。

つまり誰かわからない人が作ったものは使わないことが安心ということです。

WordPressに合わせてバージョンアップが必要

スマホとスマホアプリで考えるとわかりやすいですが、本体がバージョンアップしたらアプリも対応出来るようにバージョンアップしなければなりません。

WordPressは日々バージョンアップしているので、プラグインもWordPressのバージョンアップに合わせて開発者がバージョンアップしてくれる必要があります。

プラグインのバージョンアップが止まっていると、ある日急に動作しなかったりちょっとしたバグが発生する可能性もあります。

プラグインによっては、開発者に連絡を取ることができるプラグインも存在しますが、全部が全部対応しているわけではありません。

プラグイン同士のバッティング

似たようなプラグインを導入すると、バッティングすることもあります。

具体的には、有効化しているプラグインが実行されていなかったりバグとして見たこともないトラブルが起きることもあります。

そして厄介なことが「◯◯と◯◯はバッティングする」ということがわからないことです。

プラグインのバージョンによってたまたまバッティングしていた可能性もあります。

似たようなプラグインは導入しないほうが吉です。

容量が大きくサーバーに負荷がかかる

これもスマホと置き換えるとわかりやすいのですが、たくさんのアプリケーションをダウンロードすると容量が増えて動作が重くなるように、WordPressのプラグインも同じです。

なのでたくさん入れたらそれでいいわけではなく、必要最低限をインストールすることが読者のためにも大切なことです。

【これだけでOK】おすすめしたいWordPressのプラグイン

上記までを踏まえた上で、「これだけインストールしておけば、大丈夫!」というものだけを集めました。

実際に当サイトでも使っているものや過去に使っていた経験を元に構成します。

あんにー

コピペして検索しちゃおう!

Akismet

スパムからコメントを防いでくれるプラグイン

ブログを運営する上で、迷惑なコメントやいたずらを省くことでトラブルを未然に防ぐことができます。

専用フォルダーが用意されており、スパムからのコメントを自動でフォルダーに移動してくれます。

BackWPup

Webサイトのバックアップを簡単に取ることができるプラグイン

バックアップは定期的に取っておくことがおすすめですが、Webサイトのデザインを編集したときにデータが消えてしまうことがあります。

トラブル時にすぐに対応できるためにも、デザインの編集をする前など適宜バックアップは取っておきましょう。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを簡単に作ることができるプラグイン

Googleフォームを使うことでも簡単に作ることができるので好みの問題にはなりますが、設置作業が少し手間なのでContactForm7を当サイトでも利用させていただいています。

GoogleAdSense審査にも影響があるので、お問い合わせフォームは作成しておきましょう。

Jetpack

Webサイトの安全面と高速化を24時間の自動セキュリティーで守ってくれるプラグイン

さらに拡張機能も豊富で決済サービス機能など、1つのプラグインをインストールするだけで多岐にわたる活躍を見せます。

無料プランと有料プランがあるのですが、無料でも十分に機能してくれます。

Broken Link Checker

Webサイトのリンク切れを通知で教えてくれるプラグイン

アフィリエイトは掲載期間が終了するものもあるので、過去記事のリンクが機能しなくなることがあります。

そのまま放置しておくとSEおに悪影響を及ぼすので削除したいです。

定期的に過去記事をチェックする必要がなく、通知が届いたらリンクを削除するだけなのでとても楽に記事を維持することができます。

デザイン性に特化したおすすめプラグイン3選

読者目線に立ち見やすいWebサイト作りや記事作りを日々心がけることは大切です。

さらに独自性を出すためにもWebサイトをおしゃれに象ることもおすすめです。

そのときにおすすめしたいデザイン面に特化したプラグインを3つだけ厳選しました。

Smart Slider 3

Webサイト内にスライドショーを追加することができるプラグイン

従来まではJavaScript言語を学ぶ必要がありましたが、WordPressのプラグインをインストールすれば簡単に作ることができます。

見栄えもおしゃれになるのでスライドショーを設置するといいですね。

Table of Contents Plus

記事内に見出しを軸に目次を設置できるプラグイン

見出しを設置して記事を書きあげると自動で生成してくれるのでとても便利です。

見出し2と見出し3まではリンク機能も掲載されているので、読者にも優しい設計です。

Reading Time WP

記事の頭に読了までの目安時間を設置できるプラグイン

読者を思いやる心がブログでは特に大事なので、読者にとっても嬉しいプラグインですね。

目安時間は文字数で換算されます。

換算される文字数は自分で設定することが、可能なので多少短くすることもできます。

【重要】注意事項の再確認

WordPressのプラグインはとても便利で簡単にカスタマイズをすることができます。

しかし安易にたくさんのプラグインをインストールすると、WordPressのプラグインを利用することがデメリットになる場合もあります。

信頼性の低い開発者やプラグインのバッティング、容量が大きくなりサーバーへの負荷がかかること。

もちろんデメリットもいくつか存在します。

なので基本的には、必要最低限のプラグインをインストールすることがおすすめです。

便利な半面たくさん利用してしまうと後から反発が起こることを覚えておきましょう。

まとめ

WordPressのプラグインはスマホでいうアプリケーションのようなもの。

拡張機能が豊富で専門的な知識が必要なく誰でも簡単に扱える。

しかし無闇矢鱈にプラグインをインストールしてしまうとデメリットになる場合もある。

必要最低限のプラグインは、当記事で紹介しているので「これだけインストール!」しておきましょう。