Blog

【保存版!】稼げる文章とは?ブログの文章の書き方を全てまとめた攻略本

ブログで使える文章術とセールスライティングの画像
ぴちまる

稼げる文章なんて夢の話でしょー?

あんにー

読者のことを考えると必然的に稼げる文章になるのさ!

稼げないブログには理由があり、稼げるブログにも理由があります。

ブログで稼ぐためには稼げる文章を身につけることで可能となります。

読者がブログに訪問してくれるということは、悩みを抱えており「解決できそう!」と感じたからです。

実際に試すとわかりますが文章術を使うと使わないとでは大きく収益が変わります。

なので稼げるブログになるために文章術を理解しましょう。

この記事を最後まで読み理解すれば稼げる文章の作り方を学ぶことができます。

この記事からわかること!
  • 稼げる文章とはどんな文章なのか
  • 実は少しの変化だけでも大きく交われること
  • ブログで稼げる文章術一覧
  • 学んだ文章術の実際の使い方

稼げる文章とはどんな文章なの?

わからない・困る画像

はじめにお伝えしておくと稼げる文章とは、読者によって異なるため100%正しいと言うことはありません。

しかし稼げる文章にはある一定の法則があります。

法則どおりに公式に当てはめて文章を構成することで、読者の背中を押すことができるようになります。

ブログで稼ぐ場合必ず読者(人)が存在します。

読者の悩みを解決するための手段として、商品を購入したりサービスを利用することで解決できる場合に、広告収入としてブロガーに報酬が支払われます。

つまり読者が「悩みを解決できる!」と感じれば広告収入としてブロガーに支払われます。

なので稼げる文章とは、読者をゴールまでたどり着かせるための線路のような役割があります。

読者が悩みを解決できるようにブログ(記事)という線路を敷いて、ゴールまでたどり着いていただきましょう。

いつもよりちょっとの工夫で効果は出る

稼げる文章を書くためには、見えない読者のことを考える必要があります。

少し難しく感じるのも無理はありません。

しかし自分で1から考える必要はなく、法則に当てはめて記事を構成するだけで今より圧倒的に変化が生まれます。

その変化とはPV数でもあり収益でもあります。

「文字数をいつも2倍にしないとだめ・・」、「ブログを1日1記事は書こう・・」そんなことはしなくてもOKです。

大事なことは法則を学んで、ブログに生かすことです。

【保存推奨!】ブログで使える稼げる文章術一覧

ブログで使える文章術と聞くとセールスライティングを想像する人も多いでしょう。

しかしセールスライティングは全体の総称を指しています。

個々の文章術にはたくさんの種類がありますが特に重要なブログで使える文章術の法則を集めてみました。

あんにー

ブックマーク保存していつでも見返すことができるようにしておこう!

PASONAの法則

PASONA(パソナ)の法則とは、消費行動を促したいときに使うことができます。

  • 問題(Problem)
  • 親近感(Affinity)
  • 解決策(Solution)
  • 提案(Offer)
  • 絞り込み(Narrowdown)
  • 行動(Action)

PASONAの法則を実用例をチェックしてみましょう。

QUESTの法則

QUEST(クエスト)の法則とは、消費行動を促したいときに使うことができます。

  • 絞り込み(Quality)
  • 共感(Understand)
  • 啓発(Educate)
  • 興奮(Stimulate)
  • 変化(Transition)

QUESTの法則の実用例をチェックしてみましょう。

AIDMAの法則

AIDMA(アイドマ)の法則とは、消費行動を促したいときに使うことができます。

  • 注意(Attention)
  • 関心(Interest)
  • 欲求(Desire)
  • 記憶(Memory)
  • 行動(Action)

AIDMAの法則の実用例をチェックしてみましょう。

BEAFの法則

BEAF(ビーフ)の法則とは、商品やサービスを徹底的にアピールしたいときに使うことができます。

  • 得られる未来(Benefit)
  • 証拠(Evidence)
  • 優位性(Advantage)
  • 特徴&安心感(Feature&Feel easy)

BEAFの法則の実用例をチェックしてみましょう。

PPCの法則

PPC(ピーピーシー)の法則とは、商品やサービスを徹底的にアピールしたいときに使うことができます。

  • 約束(Promise)
  • 証拠(Proof)
  • 行動喚起(Call to Action)

PPCの法則の実用例をチェックしてみましょう。

CREMAの法則

CREMA(クレマ)の法則とは、相手に単純行動を促したいときに使うことができます。

  • 結論(Conclusion)
  • 理由(Reason)
  • 証拠(Evidence)
  • 手段(Method)
  • 行動(Action)

CREMAの法則の実用例をチェックしてみましょう。

AIDCASの法則

AIDCAS(アイドカス)の法則とは、ファン化運用するときに使うことができます。

  • 注目(Attention)
  • 興味(Interest)
  • 欲求(Desire)
  • 確信(Conviction)
  • 行動(Action)
  • 満足(Satisfaction)

AIDCASの法則の実用例をチェックしてみましょう。

PREP法

PREP(プレップ)法とは、とにかく物事を伝えたいときに使うことができます。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 再結論(Point)

PREP法の実用例をチェックしてみましょう。

SDS法

SDS(エスディーエス)法とは、とにかく物事を伝えたいときに使うことができます。

  • 概要(Summary)
  • 詳細(Details reason)
  • 再概要(Sumally)

SDS法の実用例をチェックしてみましょう。

あんにー

行動を促す言葉多く入っているね!

どんな法則があるのか理解したら、合わせて実際の使い方も学ぶことで自分たちのブログやSNSでも生かすことができます。

【例題付き】文章術をどこでどのように使えばいいのか?

どんな法則があるのか知ったところで使い方を知らないと生かすことはできません。

なので実際にブログで使う場面を想定していくつか例題文章を考えてみました。

コピペして真似するも良し、参考にして自分なりにアレンジしてもOKです。

最後には記事の構成方法も合わせて紹介しています。

【例題】PASONAの法則

PASONAの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. PV数が少ないとブログで稼げないと思っていませんか
  2. 収益が無いとモチベーションが下がりやる気がなくなりますよね
  3. しかし少ないPV数でも収益を出すことは可能です
  4. 『anni-blog』では稼ぐまでの道のりを真似するだけで稼げます
  5. さらにこの記事を見てくれた人にはDMのマネージメントをします
  6. 先着10名様に絞っているので迷っている人は1度DMしてみよう

このように消費行動を促したいときに使うことができます。

1番有名な商品を販売するときの型。

【例題】QUESTの法則

QUESTの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. 頑張って働いても給料が上がらない人いますか
  2. 副業を始めたくても時間が中々確保できないですよね
  3. しかしブログならスキマ時間にできて場所も問いません
  4. 本職の仕事とは別に稼げたら自分の人生に余裕が生まれます
  5. 色々な副業を試してきましたが不労所得になるブログがおすすめです

このように消費行動を促したいときに使うことができます。

悩みは問題点を提示するので見込み客を獲得しやすい。

【例題】AIDMAの法則

AIDMAの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. ブログでPV数を伸ばしたいなら本を読むこと
  2. 本を読めば偉人や著名人の人生が一瞬でわかります
  3. 実際に本を読んだらブログのPV数が5倍に上がったということもあります
  4. ブログでPV数が伸びないのは本を読んでいないから
  5. PV数を伸ばしたいならおすすめの本を紹介しています

このように消費行動を促したいときに使うことができます。

商品を購入するまでの流れをイメージさせることができる。

【例題】BEAFの法則

BEAFの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. 目の惹くタイトルならPV数を伸ばすことができます
  2. 実際にタイトルを意識したところ40%ほどPV数が伸びました
  3. タイトル1つでも大きくPV数を獲得することはできます
  4. 目の惹くタイトルは以外に簡単なのでおすすめです

このように商品やサービスを徹底的にアピールしたいときに使うことができます。

満足度をデータとともに伝えると競合との差別化をアピールする。

【例題】PPCの法則

PPCの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. 1ヶ月でPV数を10%上げます
  2. 以前お問い合わせいただいた人も達成することができました
  3. 先着5名様に限定しているので今すぐお問い合わせを

このように商品やサービスを徹底的にアピールしたいときに使うことができます。

約束し信頼度を獲得した上で行動を促す。

【例題】CREMAの法則

CREMAの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. 読者の滞在時間を伸ばすためには見出しが重要になります
  2. 見出しで興味が湧かないと続きが読みたくならないからです
  3. 僕のブログの滞在時間は平均20分です
  4. 5年間のブログ経験を経た経験のおかげです
  5. 真似するだけをテーマに発信しているので真似したい人はこちら

このように相手に単純行動を促したいときに使うことができます。

結論・結果を先に伝えることで行動を促しやすい。

【例題】AIDCASの法則

AIDCASの法則を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. 正直サイトデザインが大事なことは知っていました
  2. 見栄えが良く滞在時間を伸ばすことができるみたいです
  3. デザインが魅力的だとデザインのしごとも受注できるみたいです
  4. あのデザインならブログを書いていても楽しくなります
  5. シンプルなデザインから進化させましょう
  6. 僕も実際に試したけど読者の反応も良く満足しています

このようにファン化運用目的として使うことができます。

徐々に好きになってもらい行動を促す。

【例題】PREP法

PREP法を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. ブログで稼ぎたいならまず記事を書くことです
  2. 記事を書くことで文章術が磨かれ結果的に収益化に繋がります
  3. 10記事よりは30記事の方が全体的なPV数も増える傾向にあります
  4. ブログで稼ぎたいならとにかく記事を書くことが大事です

このようにとにかく物事を伝えたいときに使うことができます。

何かを伝えるときの1番基本となる型。

【例題】SDS法

SDS法を使ったブログで使える例題を考えてみました。

  1. ブログを続けることは自立にも繋がります
  2. ブログで稼ぐことができれば時間やお金にも余裕が生まれます
  3. ブログを継続させて縛られた人生から開放されましょう

このようにとにかく物事を伝えたいときに使うことができます。

同じような意味を別の表現で3回行うことで記憶に定着させる。

実際にブログで使うときは、「読者にどうしてほしいのか?」を考えながら1番近い法則を使うことがおすすめです。

記事の構成は、見出しごとに分けて中身は詳細という流れが1番綺麗です。

あんにー

PREP法を使って記事構成してみたよ!

  • <見出し2>ブログで稼ぎたいなら記事を書くこと</見出し2>
  • <見出し2>記事を書くことで結果的に収益化にもつながる</見出し2>
  • <見出し2>10記事よりも30記事の方が全体的なPV数も向上</見出し2>
  • <見出し2>ブログで稼ぎたいならとにかく記事を書こう</見出し2>

【悲報】正直に言うとブログで使える人は少ない

僕も含めてブログでセールスライティングを使いこなせている人はとても少ないです。

有名なブロガーさんでも正直に言うとできていない人もいます。

なのでブログで使うことができれば大きく競合と差をつけることができます

ぴちまる

今日ぐらい大丈夫!

甘えることなくブログの記事全てに使うことができれば、それだけで差が生まれます。

さらに言うと結果はあとから付いてきます。

ブログの性質上すぐには結果として出ないため効果を実感しにくいですが、頭のいい人が研究した結果「商品が1番売れやすい!」、「消費者の行動を促せる!」と定められた法則です。

この記事を読んだ今日から、読者にどうしてほしいのか考えてセールスライティング技術を使ってください

あんにー

僕も負けないように使っていきます!

まとめ

稼げる文章と聞くと胡散臭いが要約すると読者のことを考えた文章が稼げる文章。

いつもより少しの変化が大きく変わる。

セールスライティングには様々な法則があるがどれも頭のいい人が研究した結果導き出された答え。

ブログでもセールスライティングやマーケティングは使うことができるが実際に使えている人は極わずか。

知っている法則も使いこなせないと意味がない。

読者にどうしてほしいのか考えながら記事を書くだけで今より結果が出る。

当記事の文頭では、PREP法が使われています。