おんらいん

YouTuberが増えている今だからこそ!

この記事の所要時間は約 9 分です。

動画編集技術は、今後たくさんの場面での活躍が期待できます。

YouTuberが増えている今だからこそ、需要が高まっています。

技術を磨けば収入源になることはもちろん、好きなYouTuberや好きな芸能人と接触ができる可能性が広がります。

この記事では、動画編集を本気で取り組みたい人向けです。


動画編集の需要は右肩上がり

動画編集は人気が急上昇している分野と言われております。

Youtubeなど動画市場が高まったことで、動画編集で食べていく個人はとても増えています。

時間や場所に縛られず、個人で月数数十万円を稼げるスキルとなるので、人気が出るのも無理はないですよね。

誰しも憧れを抱く分野だと思います。

最近では、キリトリも流行っており有名人と実際に交渉をして取り分を分け合うことで、キリトリの許可が出るケースも珍しくはありません。

つまり有名人と接点を持てるということにもなります。

ただ気になるポイントとして、「今後も需要があるのか?」ということはたしかに気になるポイントですよね。

動画編集の将来性が明るい理由

なぜ、動画編集の「将来性が明るいとされているのか?」、「需要があるのか?」という点をまとめてみました。

動画市場は拡大が予想されている 理由1

スマートフォンの普及が伸びていることや5Gの導入により動画の需要が高まると考えられているからです。

スマートフォンの普及は、3年間で1.5倍という成長率を見せています。
(サイバーエージェント調べ)

ちなみに、日本産業の大半は、成熟市場か衰退市場と言われております。

つまり動画市場はかなりのレアケースと言えること、さらに成長率の大きさはかなり高いクラスと言えるでしょう。

動画市場は拡大が予想されている 理由2

5Gの導入により今まで以上に需要が高まると言われております。

容量を気にして、外出先で動画を観れなかった人の多くが、動画を観ることが予想されています。

さらに、これまで動画を観ていた人も、今まで以上に快適に動画を楽しめるようになるので、視聴時間は今よりも上がることが予想されています。

このように動画の需要が伸びることから動画編集の需要も伸びると約束がされていると言っても過言ではありません。

もちろん、未来のことなので誰にもわからないことではありますが、多くのメディアや有名人も口を揃えて伝えていることをよく耳にします。


動画編集はこんな人におすすめ

動画編集を行いたくても向き不向きがあると思います。

向いていないのに頑張っても壁にぶち当たったときに挫折してします。

そこでどんな人におすすめなのかまとめてみました。

いくつ”YES”があるのか数えてみてください。

  • 楽しいことを仕事にしたい
  • スキマ時間でも収入を得たい
  • 在宅ワークがしたい
  • 手に職をつけたい
  • フリーランスになりたい
  • YouTuberになりたい
  • 有名人と関わりたい
  • YouTuberと仕事がしてみたい

以上です。

いくつ”YES”がありましたか。

”YES”が多ければ多いほど動画編集者に向いていると感じます。

ただ、現実問題そう簡単に楽に学ぶことはできません

【悲報】動画編集の勉強は難しい

誰でも簡単に学ぶことができてしまったら、需要があることがほぼ確約されている動画編集者も人で溢れかえり需要がなくなります。

動画編集者の需要が高い理由の1つに、専門スキルが必要で難しいからできる人が少ないことが挙げられます。

動画編集が難しい理由をいくつか挙げてみますので、現実を1度受け止めてみてください。

パソコンの知識が必要

WindowsOSにしろMacOSにしろ一定の知識は必要となります。

ショートカットキーや動画の保存方法、動画の渡し方など細かいことを挙げたら意外と必要な知識は多いのです。

実際に動画編集のお仕事をするにあたって、動画編集スキル単体だけでは、100%の力のうち30%程度にしか至りません。

お仕事をするためには、他にも知識が必要なのです。

画像の知識が必要

画像解像度、つまり画素数が高ければ高いほど、画質のいい動画が撮影できます。

今は4Kや8Kといったものも普通になりつつありますね。

また、解像度にはいくつかの決められたパターンがありますが、基本的には、1920×1080のフルハイビジョンを選択しておけば無難といえます。

ここで言う画像とは、imgタグのことを指しjpegやpngなどのファイル形式ではありません。

コーデックの知識が必要

今は画素数が高いカメラで動画撮影をすることがほとんどです。

そのため、動画撮影の時間が長ければ長いほど容量を使ってしまうものです。

ファイルサイズが大きいと何かと不便のため、コーデックを行うことでファイルサイズの圧縮が実現します。

コーデックとは?

MPEG-1やH.264/MPEG-4 AVCなどを言いますが、コーデックは一言では言い表せないかなり深い内容です。

フレームレートやビットレートの知識が必要

フレームレートとは、1秒間に何枚の静止画を再生するのかを表します。

動画はたくさんの静止画が合わさって完成するものです。

パラパラ漫画のようにたくさんの画像が重なることで、普段よく見るような動画になるというわけです。

この枚数が多いほど滑らかで、例えばスローモーションなどの映像などにも使われます。

またビットレートとは、1秒間にどれだけのデータ量を送信するのかを表します。

動画のデータ量が多くなればなるほど高画質になりますし、逆の場合は低画質になってしまいます。

動画編集はとても難しく、ちょっと勉強をしたところではスキルとし活かすことは到底不可能です。

また、壁にぶち当たったときに相談できる人がいないと挫折してしまうケースが多いです。

そんな動画編集だからこそスキルを持っている人の需要はあるのです。

あんにー

ちょっと待って!!!


たった1ヶ月で動画編集をマスターできる

上記では、あれだけ難しく勉強はとても困難と書かれていたのにたった1ヶ月で動画編集をマスターできるなんて本当?

という気持ちもわかります。

確かに勉強して動画編集スキルを取得して案件を獲得して・・。

それらを単独行動で学ぼうとすることはかなり難しいです。

YouTubeでも動画編集の講座はありましたが、実際にYouTubeや参考書だけでスキルを取得できた人はどのくらいいるのでしょうか?

恐らくですがかなり少ないと思います。

だからこそ、今学んでスキルにすることができると人生の幅が広がるのです。

では、どのような方法を使えば、たった1ヶ月で動画編集をマスターできるのでしょうか。

たったの1ヶ月で動画編集ができる7つの理由

なぜたったの1ヶ月で動画編集をマスターできるのか。

そこには、7つの理由があるのです。

1 初心者目線のわかりやすい動画講義

動画講義の内容は、徹底した初心者目線になっています。

実際の操作画面をメインに映しながら進行するので、操作ややり方に迷うことはありません。

基本から応用までのノウハウが一本の線でつながるよう、すべきことを順序立てて解説しています。

Chapter1から順に観ていけば、実践レベルのスキルを最短距離で身につけられます。

2 1日1時間で学習できるスキマ時間レッスン

1日1時間、レッスンを視聴していただければ、1ヶ月でカリキュラムを1周できます。

通勤・通学中や家事の合間、夕食後などのスキマ時間を有効活用でき、学習が苦になりません。

さらに講座では、視聴期限が無制限ですので、もし覚えきれなかった部分があっても安心していつでも見返せます。

3 センスではなくロジックで実践するカリキュラム

「自分にはセンスがない…」と思っている人へ、心配ないです。

講座では、センスではなくロジックで、「最後まで観てもらえる動画編集」をレクチャーしていきます。

どんな編集がどう効果的か、理屈で学べるわけですね。

また、これにより時勢や個人の感覚に左右されず、常にブレないクオリティの仕事ができるのです。

4 これで時短豊富なオリジナルテンプレート

文字テロップ、エフェクト、アニメーション等のテンプレートも提供しています。

これらは動画の内容を分かりやすくしたり、展開にメリハリを持たせたりと、視聴者を惹きつけるのに不可欠な要素です。

しかし、自分で作るのは難しく、また時間がかかりますぎます。

テンプレートがあれば、手間を省きつつ高クオリティな編集ができます。

5 一生もののマネタイズ講座

動画編集スキルをお金に変える方法も細かく解説します。

せっかく動画編集ができるようになっても、マネタイズの仕方を知らずに挫折する人は少なくありません。

案件の取り方、報酬アップのためにやること、5年後も稼ぎ続けるための取り組みなどを本講座で習得し、長く安定したビジネスを構築しましょう。

フリーランスの本業にも、会社員・主婦・学生の副業にも対応しています。

6 楽しく切磋琢磨できるオンラインサロン

オンラインサロンで、仕事仲間と楽しく切磋琢磨できます。

一人だと退屈になりがちですし、横のつながりって案外できないものです。

また、豪華景品をプレゼントする定期コンテストや、コロナ収束後のオフラインイベントなんかも考えられています。

7 「わからない・・」をゼロにする個別サポート

個別サポートによるフォローも行われています。

気になることがあれば、いつでもLINEで質問できます。

YouTuberから「いつもありがとう!」と言ってもらえるお仕事です。

他社にはない圧倒的な質と量のコンテンツです。

1ヶ月で動画編集をマスターして、実際に案件を獲得できるようになれます。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】


今だけ限定の特典

受講生となった人限定の企画で、フリーランスへの道のりをさらに加速させる3つの特典が用意されています。

フリーランススタートUPマニュアル

フリーランスになるために必要不可欠なロードマップを提供していただけます。

  • 今のライフスタイルの中で効率よく仕事をこなす方法
  • 実際にフリーランスになった人がどのような手順でフリーランスになれたのか?
  • 副業でいくら安定収入があればフリーランスとして独立できるのか?
  • 貯金はいくら必要なのか?

このような内容を実例を踏まえて、失敗しないフリーランスになるための方法を紹介しています。

フリーランスとして独立するために、現在お仕事をされている人は、「どのくらいの貯金があった方がいいのか?」や副業をしている場合「どのくらいの副収入があればいいのか?」。

ご家族がいるいないや、実家暮らしかひとり暮らしなのかなど、人によって変わってきますので、複数のパターンに合わせて紹介していただけます。

なので、あなたがこれからフリーランスになる上での「将来の不安」「お金の不安に対する心配事」がなくなるはずです。

案件取得するための営業文章添削サポート

動画編集の案件を頂く上で、クラウドソーシングやSNSで募集に対する返信文章は非常に大切です。

編集スキルをある程度身につけても「仕事が取れない・・」ということが起こりえます。

これは、お仕事の案件募集に対する返信文章が悪いことが1つの原因として考えられます。

その際の、案件取得に対して営業文章をクリエイターズジャパンが客観的にアドバイスを行います。

そうすることで、案件獲得までのスピードが早くなり、今後の活動がさらにスピードアップしていきます。

動画編集案件のご紹介

様々な案件がご用意されています。

  • 商品PR動画
  • YouTube広告の案件
  • 中小企業からの自社プロモーションPV案件
  • 1000人規模から大人気YouTuberからの案件

など様々あります。

今回ご参加いただいた人には、上記のようなお仕事の案件を、生徒さんにご紹介させていただきます。

もちろん、全てのコンテンツを受講後に、スキルをしっかり習得頂いた人限定です。

※案件のご紹介はクリエイターズサロンにご参加の方限定となります。


動画編集を学んで人生の幅を広げよう

動画編集に興味を持つことは、すごく良い選択だと思います。

これから先、どんどん需要が大きくなるからです。

今は案件獲得のハードルが低く、経験を積みながら稼ぐのにもってこいのタイミングです。

しかし、動画編集だけだとレバレッジが効かないため、収入がいずれ頭打ちになります。

だからこそ、単価アップや将来のステップアップのための仕込みも、今からはじめておいてほしいのです。

講座では、5年後も稼ぎ続けるのを念頭にコンテンツを作っています。

ほかのスキルも合わせれば、一生モノのビジネスを構築できるはずです。

まずは、サロンのみんなといっしょに楽しみながら、動画編集を収入の柱にしましょう。

現役プロが徹底指導!動画編集スクールはこちら!

一部の人に朗報を追記

本気で学びたい人にはとてもおすすめですが、今現在お財布に余裕がなくて1歩踏み出せない人もいるかと思います。

やる気があるのに諦めてしまうことは、もったいないと感じます。

動画編集を学んで活かすことができれば、確実に人生の幅が広がると考えているからです。

そんな人におすすめしたいものがコスパよく動画で学ぶことができるUdemyです。

Udemyは100,000以上のオンライン学習コースがあるため、あらゆる勉強ができます。

動画編集のコンテンツにもさまざまあり、例えばYouTuber向けの動画編集のスキルを学べたり、スマートフォンで動画編集ができるコンテンツもあります。

コンテンツにもよりますが、多くの動画が1,000円代で販売されているため、気軽に利用することができる点も嬉しいですよね。

さいごに

空いた時間にすぐに見返せるように、
”お気に入り登録”や”ブックマーク”を是非!