Blog

【HTMLタグ】見出しタグとは?SEO対策の基礎から周りと差を付けるテクニック5選

見出しタグとは?リンクの正しい使い方とSEO対策

見出しタグの認識を間違えていると、SEO対策に不利になってしまいます。

その理由はGoogle社が一般向けに、そのように公言しているからです。

Google社の公言したことを元に、「どのような理解が必要なのか?」を軸に記事を構成しています。

最後まで読んで理解すれば、SEO対策を優位に立ち回ることができます。

あんにー

ブログ歴5年、SEO1位も獲得しているよ!

この記事からわかること!
  • 見出しタグの基礎知識
  • 見出しと見出しタグの違い
  • Google社の公言内容
  • SEO対策のテクニック5つ

見出しタグとは?

見出し(h)タグとは、ユーザーと検索エンジンの双方にページ内のコンテンツ構成を正しく伝えるために使用する技術のことです。

見出しを設定するためのソースコードをタグと言い、タグ設定と言われることもあります。

見出しタグの基礎知識

見出し(h)は文字を大きくするためには、<h>を小さい数字にする必要があり最小の値は1です。

<h1>見出し1</h1>

<h2>見出し2</h2>

<h3>見出し3</h3>

<h4>見出し4</h4>

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

大げさに表すと以上のような違いが生まれます。

<h>で作られたソースコードのことを見出しタグと言い、これによりWebサイトの表面上で見出しとして視覚的に理解することができるようになります。

何故SEO対策に見出しタグの理解が必要なのか?

ふとした疑問で見出しタグを設定することなく、「文字の大きさを大きくすればいいのでは?」と思う人もいると思います。

しかし結論から言うとSEO的に不利になる行為です。

見出しタグの理解は、SEO対策をする上で欠かせない1つのポイントです。

理由はGoogle社が公言しているからです。

Headings give you the opportunity to tell both Google and users what’s important to you and your website. The lower the number on your heading tag, the more important the text, in the eyes of Google and your users.

※引用元:Official Google Webmaster Central Blog: Holiday source code housekeeping: Website clinic for non-profits
あんにー

翻訳してみるよ!

見出しタグは、あなたとあなたのウェブサイトにとって重要なことをGoogleとユーザーの両方に伝える機会を与えます。

見出しは文字の大きさを変えるだけではダメ!?

見出しは文字の大きさを本文と分けることで、読者に見出しと視覚で伝えることは可能です。

しかしGoogle社はそのような行為を把握していませんので、Googleのロボット(クローラー)がWebサイトに訪れたときに見出しがないと認識します

あんにー

もう少し詳しく見てみよう!

Googleのロボットは視覚でチェックするわけではなく、プログラミング的にチェックをします。

背景のプログラミング的にはどのような違いがあるのか見てみましょう。

<h1>見出し</h1>

<h2>見出し</h2>

<b>見出し</b>

<p>見出し</p>

見出しタグは<h>、太字タグは<b>、本文タグは<p>として表します。

上記右側の<b>や<p>の場合Style.cssにて、文字の大きさや色を変更します。

そうすることで視覚的には似たようなものができますが、背景のプログラミング的には全くの別物になります。

なのでGoogleのロボットが訪れたときに見出しがないと認識され、見出しを重要視するGoogle社の方針とは反する結果、SEOに不利になるということです。

WordPressの場合、基本的にはソースコードを記述する必要はないですが知識として理解しておきましょう。

ぴちまる

見出しの重要性がわかったよ!

【SEO対策】高評価を得るためには?

ブログのPV数に伸び悩んでいる人は、SEO対策をしっかりと行い高評価を得ましょう。

見出しだけで内容が理解できる

理由は読者の離脱率を下げないためです。

当記事でもそうですが見出し2と見出し3にはとくにこだわって見やすくしています。

読者が見出しを見ただけで内容が「気になる!」や「詳しく知りたい!」と思っていただくことが大事な考えです。

ぴちまる

でも見出しだけで理解できる内容が思いつかないよ・・

  • サイトで高評価を得るためには?
  • 【SEO対策】高評価を得るためには?
あんにー

もし後者の方が「わかりやすい!」と感じたら
今日から見出しに読者に届きやすい単語を使ってみよう!

見出しに数字を混ぜる

理由は読者に記事の内容を想像させることができるからです。

YouTubeのサムネイルに「1000人」や「100万円」と表記があると動画の内容を想像してクリック率が向上するという統計が出ています。

人間の心理的に自然と気になる数字ではあります。

「1000人」や「100万円」はあくまで一例ですがブログでも生かせるので活用しましょう。

  • サラリーマンブロガーがブログで稼いだ話
  • サラリーマンブロガーが最初に5万円稼いだ話
あんにー

もし後者の方が「気になる!」と感じたら
今日から見出しに数字を含めてみよう!

見出しにはブログキーワードを含める

理由は狙っているブログキーワードということをGoogleのロボットに知らせることができるからです。

さらに読者としてもわかりやすく記載されていたほうが、記事の理解もしやすいです。

ブログを書く際に検索キーワードを考えてブログキーワードを選定すると思いますが、ブログキーワードは自分だけしか知りません。

当然Googleのロボットが知ることもないので、見出しに書いて「教えてあげる」ということをしましょう。

あんにー

シンプルだけど1番重要かも!

【SEO対策】低評価を受けないためには?

SEO対策を「行うか」「行わないか」では、大きな差が生まれます。

さらに年に数回行われているGoogleのアップデートにて、SEO対策を疎かにしていると評価が下がる可能性があります。

見出し1は記事に1つのみ

理由はSEO上位表示されている人たちの記事では、全員見出し1は記事に対して1つしかないからです。

つまりSEO対策の基本でもあるGoogleの考えとして、1記事に対して見出し1は1つが望ましいと判断されています。

見出しタグは順番に使う

理由は読みにくい観点から読者の離脱率にもつながります。

さらにGoogleのロボットが記事の構成を把握することができません。

見出しは『1→2→3→4→5→6』と順番に使いましょう。

1→2→3→4→2→3→4→2

1→2→4→2→4

見出しタグの理解から周りと差が生まれる

SEO対策における5つのテクニックを実践すれば、周囲のWebサイトと差を付けることができます。

理由は明確で初心者の人は特に意識をせず記事を書いているので、1つや2つ”真似するだけ”でも差が広がります。

あんにー

僕も最初は全く気にしてなかったよ・・

さらに見出しタグの最適化は、Google社の考えに沿う行いなのでGoogle社にも好かれてGoogle社と読者の双方から好まれる記事を作ることができます。

WordPressではタグについて深く考える必要はないですが、知識として知っていることで周りと差を付けることができ自然と検索順位も向上していきます。

リンクタグとは?リンクの正しい使い方とSEO対策
【HTMLタグ】リンクタグとは?特定ページへの移動を真似するだけで使えるテクニック5選 HTMLタグのリンクタグを理解して実践すればSEO対策になりPV数のUPにつながります。 しかしリンクタグを理解していないと、何...

まとめ

見出しタグとは、見出しを設定するためのソースコードのことを言います。

WordPressでは実際にタグと言われるソースコードを記述することはない。

見出しタグは知識として知っておくと重要性を再認識することができる。

SEO対策に見出しタグの理解が必要な理由は、Google社が公言しているから。

Webサイト(ブログ)は基本的にはSEOに依存するため、Google社の意見は賛同しよう。

SEO対策でWebサイトの評価を上げることもできれば下げてしまうこともある。