Blog

【PV数UP!】SEO対策に絶対に生かせるGoogleが掲げる10の真実とは?

Googleが掲げる10の真実

SEO対策の基礎でもある、”Googleが掲げる10の真実”を知っていますか。

Google社が設立した数年後から今もなお貫かれている”Googleが掲げる10の真実”です。

SEO対策の基礎を理解することで検索順位の向上にも繋がり、必勝法であると考えます。

この記事からわかること!

・SEO対策の真意がわかる
・Googleが掲げる10の真実の内容
・Googleが掲げる10の真実の解説
・SEO対策を向上させる方法

あんにー

SEO対策はWebサイト(ブログ)運営者みんながやるべきことなんだよ!

Table
  1. SEO対策の基本となる考え方
  2. Googleが掲げる10の真実とは?
  3. Googleが掲げる10の真実を読み解く!
  4. SEO対策を怠る人が多い現実
  5. 【悲報】ひとりで悩んでも解決はできません

SEO対策の基本となる考え方

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことを言います。

自分のWebサイト(ブログ)の内容をGoogleなどの検索エンジンに「どんなサイトなのか?」理解しやすいために最適化します。

自分が読者に伝えたい内容をきちんと届けるためには、SEO対策は欠かせないものになります。

どんなに良い内容を書いてもどんなに良いデザインにしても、SEO対策を怠ることで読者に届かなければ当然結果もついてきません。

SEO対策に答えはないので、できることを順に紐解いていくしか方法はないのも対策が難しい要因です。

Googleが掲げる10の真実とは?

Googleが掲げる10の真実とはどのようなものでしょうか。

Google がこの「10 の事実」を策定したのは、会社設立から数年後のことでした。Google は随時このリストを見直し、事実に変わりがないかどうかを確認しています。Google は、これらが事実であることを願い、常にこのとおりであるよう努めています。

Google

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

Googleのトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。

2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有するGoogleは、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。

複雑な問題も反復に反復を重ねて解決し、すでに膨大なユーザーが情報をすばやくシームレスに検索できているサービスに対しても、絶え間ない改善を続けています。

3.遅いより速いほうがいい。

ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。

自社のウェブサイトにユーザーが留まる時間をできるだけ短くすることを目標にしている会社は、世界中でもおそらくGoogleだけでしょう。

Googleのサイトのページから余計なビットやバイトを削ぎ落とし、サーバー環境の効率を向上させることで、自己の持つスピード記録を何度も塗り替えてきました。

検索結果の平均応答時間は 1 秒足らずです。

Googleが新しいサービスをリリースするときには、常にスピードを念頭に置いています。

4.ウェブ上の民主主義は機能する。

どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

200 以上の要素と、PageRank™アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。

PageRankのアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。

5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

世界はますますモバイル化し、いつどこにいても必要な情報にアクセスできることが求められています。

モバイル サービスの新技術を開発し、新たなソリューションを提供しています。

スマートフォンからGoogle検索にさまざまな方法でアクセスできるだけでなく、メールを読んだり、カレンダーでイベントを確認したり、動画を見たりなど、世界中のあちこちからスマートフォンをさまざまな用途に使えるようになりました。

また、無料のオープンソース モバイル プラットフォームであるAndroidでは、さらに画期的な革新をモバイル ユーザーに提供したいと考えています。

6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。

企業に検索テクノロジーを提供することと、Googleのサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。

世界中の数多くの広告主が AdWords で商品を宣伝し、数多くのサイト運営者が GoogleのAdSenseプログラムでサイトのコンテンツに関連する広告を配信しています。

広告主だけでなく、すべてのユーザーの皆さんにご満足いただくため、Googleでは広告プログラムとその実践について次のような基本理念を掲げています。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

他のどの検索サービスよりも多い HTML ページのインデックス登録に成功した後、Googleのエンジニアたちは、簡単には検索できない情報に目を向けました。

その一部は、電話番号や住所、事業別ディレクトリなどで、新しいデータベースを統合するだけで検索可能になりました。

しかし、中にはもっと工夫が必要なものもありました。

たとえば、ニュース アーカイブ、特許、学術誌、数十億枚の画像や数百万冊の書籍を検索する機能です。

8.情報のニーズはすべての国境を超える。

全世界のユーザーにすべての言語で情報へのアクセスを提供することを目標としています。

そのため、60 以上の国にオフィスを構え、180 を超えるインターネットドメインを有し、検索結果の半分以上を米国外のユーザーに提供しています。

Googleの検索インターフェースは 130 を超える言語で利用でき、検索結果を自国語のコンテンツのみに制限できる機能もあります。

さらに、その他のアプリケーションやサービスについても、できるだけ多くの言語と利用しやすいフォーマットで提供することを目標としています。

Googleの翻訳ツールを使用すれば、自分の知らない言語で書かれた地球の反対側のコンテンツも読むことができます。

9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。

仕事は挑戦に満ちていなければいけない、挑戦は楽しくなければいけないという考えで会社を作りました。

適切な企業文化があるほうが、創造性のある優秀な成果が上がりやすくなるとGoogleは考えています。

企業文化とは、ラバランプやバランスボールのことだけではありません。

チームで目標を達成することや、個人の業績に対する誇りが会社全体の成功につながるということを強調しています。

Googleは社員を厚く信頼しています。

Googleの社員たちはさまざまなバックグラウンドを持ち、エネルギーと情熱をほとばしらせながら、仕事、遊び、人生に独創的にアプローチしています。

打ち解けた雰囲気の中、カフェ、チーム ミーティング、ジムなどで生まれた新しいアイデアは、またたく間に意見交換が進み、試行錯誤を経て、すぐに形になります。

10.「すばらしい」では足りない。

一番であることはゴールではなく、出発点に過ぎません。

Googleでは、まだ達成できないとわかっていることを目標に設定します。そうすることで、目標達成に向けて全力を尽くし、期待以上の成果を残せるからです。

Googleは、技術革新を繰り返し、機能性の高いサービスに対して、さらに期待を上回る改良を加えています。

たとえば、正しいスペルの単語を入力したときに正常に検索されるのを見たあるエンジニアは、スペルが間違っているときの処理方法について改善の余地を見出し、直感的で役に立つスペル チェッカーを開発しました。

Googleが掲げる10の真実を読み解く!

Googleの真意を紐解くことでSEO対策にもなると考えます。

Webサイト(ブログ)に置き換えて読み解いてみましょう。

1.解説 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

今実現できる最高な提案を、読者にすることで利益につながります。

目の前の利益も大事だけど、後から付いてくるから気にしないことにしましょう。

2.解説 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

流行っているものは、誰しも興味があります。

しかし表面上で楽しんでも中身を理解しないとある時を境に廃るものです。

1つのことを極めることで本質を理解し意味を成すことでしょう。

3.解説 遅いより速いほうがいい。

Webサイト(ブログ)に訪れた読者のことを考えると、スピード重視することが大切であります。

また読者の悩みの解決も遅いより早いほうがいいでしょう。

4.解説 ウェブ上の民主主義は機能する。

Googleは、ページ評価のアルゴリズムを常にアップデートしています。

つまりSEO対策に正解はなく完成することはないと言えます。

いつまでも読者が満足し続けることはなく、常に進化が必要とされています。

5.解説 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

オフラインとオンラインの統合が進んでいる中、パソコンよりもスマホの普及が伸びています。

パソコンだけではなく、スマホで見たときのデザイン性にも力を入れることを忘れずに対応しましょう。

6.解説 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

ワンクリックや透明なボタンを配置することで一時的な収益は見込めます。

しかしGoogleはそういう行いを見逃すことはありません。

読者の満足につながる努力が後からお金を稼げるように導いてくれます。

7.解説 世の中にはまだまだ情報があふれている。

ネタ切れになることはなく、見方を変えることで多くの読者を満足させることができます。

記事を書くことを止めるのではなく、書き続けましょう。

8.解説 情報のニーズはすべての国境を超える。

自分が抱えている悩みや苦しみというものは、かつての先祖たちも同じように悩み苦しみました。

それは国を跨いでも言えることです。

目の前の読者のために記事を書けば、いずれ国境を超えた人たちの悩みの解決にも繋がるでしょう。

9.解説 スーツがなくても真剣に仕事はできる。

仕事には無駄が多く存在するように、Web上(ブログ)にも無駄な部分は存在します。

自分の満足や組織の満足ではなく、本質を理解しましょう。

デザインをいくらおしゃれにしても読者の悩みを解決できるものは、いつも記事にあります。

10.解説 「すばらしい」では足りない。

1人の読者の評価だけではなく、「本当に世の中の役に立てているのか?」、「実際に役に立てているのか?」が大切になります。

向上心を持ち現状に満足しなければ、どれだけでも上へと登れます。

立ち止まることなく、記事を書き続けましょう。

ぴちまる

基本中の基本だけど改めて実感するね!

Googleが掲げる10の真実の真意とは、SEOの基本ですがこれらを理解することでSEO対策にも十分効果があるでしょう。

しかし、SEO対策を行う上で専門的な知識と技術は不可欠になります。

SEO対策を怠る人が多い現実

SEOを制することができれば、Webサイト(ブログ)運営者の悩みはたいてい解決できるのです。

しかしSEO対策を怠る人が多い原因に、SEO対策の種類が多いことや専門的な知識が必要となるからです。

Webサイト(ブログ)運営では、これだけのことを0から自分ひとりで行うので、初心者が壁にぶち当たる原因として挙げられます。

ぴちまる

具体的にどんなSEO対策があるの?

SEO施策の種類

外観のデザインから内部のプログラムまで大きく分けるといくつかの種類が存在します。

内部施策1

キーワードの確認をはじめ、キーワードの最適化を行います。

内部施策2

タグと言われるHTMLタグの最適化をはじめ、構造化マークアップの確認、ユーザー体験を行います。

ここで言うユーザー体験とは、実際に「ページの表示スピードが早いかどうか?」などのチェックに当たります。

外部施策

WebページのPRによるリンク構築をはじめ、ソーシャルリンク構築のプランニングを行います。

コンテンツ制作

検索ニーズの把握に合わせたコンテンツの企画をはじめ、古くなったページのメンテナンス、サイトや信頼性の向上を行います。

ぴちまる

確かに、これだけあると初心者が1人で熟すことは大変そう・・

これら全てを実現するためには、知識や経験がない人ではさすがに厳しいところがあります。

かといってSEO対策を怠るとせっかくの良質なWebサイトやブログでも読者のもとに届きません。

【悲報】ひとりで悩んでも解決はできません

結論、プロに相談するのも1つの手です。

ひとりで悩んでいても苦しいだけなので、限界を感じている人は1度試してみることで新しい発見があるかもしれません。

即効性のある専門知識でSEO対策でができる

SEOに対するプロから学び直ぐに行動に移せることで、効果を得られる可能性は高いです。

普段は質問することがあまりできない環境下ですが、ここでは自由に質問して不安要素を取り除いてくれます。

わからないことをすぐに質問して解決できることは、かなり魅力的なポイントです。

内部対策、外部対策、コンテンツSEOを実施できる

SEO対策で行うべきことはたくさんありますが、その全てを補うことができます。

特に内部対策はプログラミング要素が必要となるので、専門知識がないと立ち往生してしまいます。

さらに、内部対策ではたくさんの対策が存在します。

  • XMLサイトマップの作成
  • メタディスクリプションの設定
  • ディレクトリ階層の見直し
  • robots.txtの使用
  • ページネーションの見直し
  • URLの正規化

※一部抜粋

内部対策が適切ではないと、どれだけ優良なコンテンツだとしても読者のもとには届きません。

一度学び取得してしまえば、それ以降は自分の力となります。
つまり、初期投資が財産と変わるのです。

手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

あんにー

本気でSEOの対策をしたい人はおすすめだよ!

ぴちまる

1度でも検索順位で上位取れたら嬉しいよね!

まとめ

SEO対策はWebサイト運営者全て行うべき。

Googleが掲げる10の真実は奥が深い。

Googleが掲げる10の真実を紐解くことでSEO対策につながる。

SEO対策には種類が多く知識がないと補えないことがある。

ひとりで悩まずに専門知識を持っているプロに相談すると安心できる。

さいごに

Twitterもチェックしてね!