くらし

時間がない朝でもコーヒーを飲む方法まとめ

この記事の所要時間は約 6 分です。

忙しい毎日から朝のコーヒーを職場で買っていませんか。

毎日積み重なると意外にもかなりのコーヒー代を支払っています。

また、ひとり暮らしの人もほっと一息をつける余裕が欲しいところです。

この記事では、時間がない朝でもコーヒーを飲む余裕ができて節約に繋がる方法を教えます。


コーヒーを飲んでリフレッシュしよう

社会人になり最初に飲んだコーヒーを覚えていますか。

気がつくと毎日のように飲んでおり、コーヒーを無くしては1日が始まらないという人もいるかと思います。

今では当たり前の存在となり、欠かせないコーヒーです。

朝の1杯は気分がリフレッシュできますよね。

休憩の合間にもコーヒーを手にする人も年々増えています。

その理由として、若い世代も口にすることが原因の1つとして挙げられます。

昔より遥かに飲みやすくなったこと、タピオカなどのブームによりコーヒーや紅茶に手を出す人が増えたことが考えられるでしょう。

なぜ、「コーヒーを飲むとリフレッシュできるのか?」についてまとめてみました。

コーヒーの主な成分

真っ黒な飲み物、コーヒーにはどのような成分が入っているのでしょうか。

カフェイン

コーヒーの最も特徴的な成分として知られ、日本茶や紅茶にも含まれている成分です。

アルカロイドという化合物の仲間とも言われております。

眠気冷ましなどの興奮作用、尿の排出を促す利尿作用などの効果が知られています。

元々日本では、明治のころまでコーヒーを薬として用いられてきましたが、その後大衆化すると、その薬効成分はあまり注目されなくなったそうです。

あんにー

適度な摂取なら身体に良さそう!

ポリフェノール

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。

コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。

ポリフェノールは植物が作り出す抗酸化物質で、赤ワインのアントシアニン、お茶のカテキン、ココアのカカオポリフェノールなどは皆ポリフェノールの仲間とされています。

コーヒー1杯<約140cc>には、約280mgのポリフェノールが含まれ、これは赤ワインと同程度、お茶の約2倍にあたります。

現在、コーヒーを飲むと、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効であるという研究成果が相次いで報告されています。

それにはポリフェノールが関係しているのではないかと言われ、とても注目を集めています。

抗酸化物質とは?

人間の細胞が酸化して老化や生活習慣病につながるのを予防してくれる最近注目の物質です。

これらの成分からコーヒーを飲むと気分がリフレッシュされたり、トイレが近くなったりします。

コーヒーを飲む人は記憶にあるのではないでしょうか。


コーヒーにも欠点がある

一見、健康でたくさん摂取した方が良さそうに見えるコーヒーも欠点があります。

コーヒーは適度に摂取すればよい効果が期待できますが、たくさん飲めばよいというものではありません。

適量を守って摂り入れることが大切です。

そこで生まれる疑問として、「どのような欠点があるのか?」、「適量とはどのくらいなのか?」をまとめてみました。

カフェインの過剰摂取

聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

カフェインは、神経を落ち着かせる作用がある”アデノシン”という物質と構造が似ており、アデノシンの代わりにアデノシン受容体に取り付いてしまいます。

カフェインによって本来の神経を落ち着かせるという働きが妨害されるため、神経が興奮するのです。

カフェインの過剰摂取により神経がたくさん刺激されることで、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、吐き気などが現れることがあります。

ぴちまる

過剰摂取なんて大げさだよー

過剰摂取と聞くとかなり飲まなければ大丈夫と思われがちですが、それは間違いです。

1日あたりの適量

コーヒーのカフェイン量は、100mlあたり60mgなので、カップ1杯(150ml)に換算すると90mgという計算になります。

カフェインが身体にもたらす影響については個人差が大きいため、1日あたりの明確な上限量は決められていません。

国際機関や欧米諸国でも適量の数字は異なります。

日本人の成人は、1日あたりのカフェイン摂取量が210mgとされています。

つまり、コーヒー数で表すとたったの2杯だけです。

あんにー

コーヒー数ではたったの2杯ですが、
コーヒー1杯あたりのカフェインの量がそもそも多いのです・・

コーヒーを飲んでしまうとすぐにカフェインの適量を迎えてしまうということです。

コーヒー代

コーヒー代は1本あたり120円程度ですが、小さい規模で見ると安く感じてしまうので注意しましょう。

1本120円を1日2本、1月飲んだ場合は以下のようになります。

(1日)1本120円✕1日2本=240円
(出勤)240円✕22日=5280円
(1月)240円✕30日=7200円
(補足)240円✕365日=87600円

決して侮れない金額ですね。

仕事時間はまだまだ長いです。

人生100年時代と言われており70歳まで仕事という噂もあります。

1日1本分でも節約をすることができれば長い目で見たときにかなりお得になります。

ぴちまる

コーヒー代は切実に浮かしたい・・

欠点を克服できる頼もしい味方はいないのかな・・。


次世代のスマートコーヒーメーカー

そんなコーヒー代を節約できるものが、次世代のスマートコーヒーメーカーに隠されています。

さらに、ホームメイドを推奨しているので、特典がたくさん設けられています。

スマートコーヒーメーカーとは、1台でプアオーバー、フレンチプレス、水出しが可能。

ドリッパー下部の調整バルブを使うことで様々な抽出方法を再現することができます。

台座に内蔵された精密スケールがアプリと連動、リアルタイムに豆やお湯の量を計量し抽出する人をエスコートしながら好みの味へと導いてくれる未来型ドリッパー。

抽出レシピを自動保存できる他、アプリ上でコミュニティ内のレシピを共有できるプラットフォームも搭載されています。

実は・・

スマートコーヒーメーカーGINAが、グッドデザイン賞全受賞対象の中から特に優れた100件として選ばれる賞「GOOD DESIGN賞 2019 BEST100」を受賞しました。

あんにー

賞を受賞しているから信頼できるね!

数々のメディアにも取り入れられているので、今後人気を集めるアイテムと感じます。

IOTコーヒーメーカー【GINA(ジーナ)】


人気があり只今売り切れ中続出

しかし人気の表れから、サイトの商品一覧を見ると売り切れの商品がいくつかあります。

扱っている商品一覧はとても豊富で、コーヒーメーカーからおしゃれなデザインのボトルも人気を集めており、グラスやケトル、トースターなど朝あると嬉しいアイテムが並んでおります。

中でもボトルはかなりおすすめでキャップの着せ替えができることや、形と柄のデザインもおしゃれなのでコーヒーを入れて職場に行けば、有名になること間違いなしですね。

ただ、上記でも述べたとおり、人気から売り切れのアイテムもいくつかあります。

自分が気になるアイテムが「売り切れかどうか?」だけまずはチェックしてみてください。

スマートコーヒーメーカー【GINA(ジーナ)】


コーヒーメーカーを使って節約をしよう

コーヒーメーカーを買うことで節約につながると言えるでしょう。

早く始めれば始めただけ浪費を削減でき、節約と呼びます。

また、朝から優雅なひとときを過ごせます。

朝起きたらコーヒーメーカーを準備して出発前にリフレッシュして行くことも良いですし、前日に準備をしてボトルに注ぎ込むなど扱い方はたくさんあります。

休日にコーヒーを買いに行くのではなく、お家でコーヒーを煎るのも優雅な休日を堪能できますよね。

仕事でもプライベートでも欠かせないコーヒー。

コロナ禍ということもあり衛生面には気を遣いたいのでお家から準備ができたら安心ですよね。

あんにー

僕は毎日コーヒー作ってるよ〜

さいごに

空いた時間にすぐに見返せるように、
”お気に入り登録”や”ブックマーク”を是非!