ひとり

熱海はひとり旅にもおすすめ!

この記事の所要時間は約 9 分です。

熱海といえば海が近くて癒やしの観光名所でもあります。

静岡県に存在し新幹線も通っているので交通の便はとても良く全国から訪れる観光客で賑わいます。

そんな熱海ですが予め知っておくべきことがあるのでまとめました。

この記事では、ひとり旅でも手の出しやすい熱海について解説致します。


熱海はどんなところ?

静岡県に所在する熱海市。
※以降熱海

静岡県はとても広いのですが熱海は神奈川に近くおおよそ20キロ程度で神奈川県小田原市に入ることができます。

観光客で賑わう熱海は、意外と近い温泉街ということで関東方面から訪れる人が多いです。

親水公園、姫の沢公園でのどかに過ごせたり、砂辺まで行けるサンビーチもあり、季節によっては熱海海上花火大会が拝見できたりと街全体を通して観光名所として盛り上がっています。

商店街や飲食店も並列しており熱海商店街と熱海銀座が有名どころです。

徒歩圏内で楽しめることも人気の秘訣です。

歩き疲れたら観光スポットなのでバスの通りも多く、夜になればタクシーを利用することも1つの手段ですよね。

フェリーに乗り少し離れた離島に行けたり南に進めば、これまた観光名所として有名な伊豆に行くことができます。

”陸・海・空”全てに文句のつけようがないくらい絶好の観光名所です。


熱海へのアクセス

新幹線のアクセスが良好なことから簡単に行くことができる利便性の高い熱海です。

新幹線を利用し気ままに楽しむことも良し。

車を利用し伊豆や熱海近郊でも楽しむでも良し。

熱海駅からはバスが多く、旅館の送迎バスや路線バスも運行しています。

あんにー

フリーきっぷも販売されているのでバス移動を考えている人にはおすすめだよ!

路線バスは9つの行き先があるため迷わないためにも行きたい場所の路線バスを把握しておきましょう。

路線バス意外にも大事な新幹線、車それぞれの所要時間や注意事項を把握しておきましょう。

新幹線

観光名所の真ん中に位置する熱海駅は、バスやタクシーの利便性も高く熱海駅からの移動も安易です。

東京駅:ひかり35分・こだま50分
名古屋駅:ひかり1時間30分・こだま2時間
大阪駅:ひかり2時間15分・こだま3時間10分

ぴちまる

なんで所要時間が違うのー?

新幹線にはいくつか種類があり停車駅が異なります。

”のぞみ・ひかり・こだま”は1度くらいは聞いたことがあると思いますがそれぞれ違いがあります。

のぞみは特急快速電車 東京大阪間→2時間30分
ひかりは快速電車   東京大阪間→3時間
こだまは各駅電車   東京大阪間→4時間

ここではあまり深く考えずに”ひかりとこだま”が熱海には停まり、駅の個数により所要時間が異なると認識しておけば大丈夫です。

JR東海道新幹線として考えています。
のぞみは特急なので熱海には止まりません。

熱海だけではなく近郊の東西南北各種の伊豆や小田原に行きたい人は車でお出かけすることもおすすめです。

あんにー

以前行ったときは車で行ったよ!

東京:1時間30分 石橋I.C.から下道20キロ
名古屋:3時間30分 沼津I.C.から下道35キロ
大阪:5時間30分 沼津I.C.から下道35キロ

東、西、どちらから訪れるにしても高速道路を降りてからの時間が少し長いです。

また、観光地特有の”混み”や”飛び出し”もありますので車で訪れる人は、注意力がいつも以上に必要です。

関東からのお越しの際に下道(国道135号線)を通るのですが追突事故が多いと注意喚起が促されているため気をつけてください。


ひとり旅に選ばれる理由

熱海がひとり旅や観光地におすすめな理由の1つは、やはりアクセスの便の良さからでしょう。

快適なアクセスによりストレスや旅の疲れもなく思う存分に楽しめます。

街には美味しい海鮮が並んでおりお土産には干し物、海は絶景で夜空は星がきれい。

そんなことからもおすすめの東海エリアと称されています。

そして何と言っても温泉は最高です。

源泉の温泉は、日頃の疲れを癒やしてくれます。

お肌もすべすべになりまさに浸かる化粧水です。

あんにー

温泉が塩っぱかた記憶!

熱海温泉の源泉名・泉質・効能

熱海温泉と一言で表現しても至る旅館それぞれ特徴的な温泉に浸かることができます。

代表的な源泉名・泉質・効能を表で見やすくしてみました。

温泉タイプも定番の大浴場をはじめ、開放感が満載な露天風呂やジャグジー、サウナなども揃えております。

シャワーエリアには、軽石も備え付けてありかかとをこする人も見受けられます。

露天風呂は熱海が一望できて目の前には海も太陽に照らされて輝きを放ちます。

源泉名藤沢湯、熱海敷地内など
泉質ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
熱海温泉

世にも奇妙な熱海物語

良いことが全てではなく気をつけないと損をしてしまうような悪いこともあることを理解しておきましょう。

観光地特有の「観光客だから・・」という接客を受けることもあります。

海鮮が美味しく優雅に休暇を取れる印象ですが夜になるとその姿も一変します。

そこで熱海に行った際に感じたことやマイナスな点をまとめました。

皆さんは同じ目に会わないように気をつけてください。

あんにー

ぼったくりにも遭遇したよ・・

  • 傾斜が多い
  • お店と人の比率が異常
  • 永遠に待たされる
  • 明細がないレシート
  • 頼んでないものが登場
  • 誤魔化された
  • 治安が悪い

以上、これらを詳しく説明していきます。

傾斜が多い

ホテルから商店街まで徒歩15分ほどと記載があったのですが歩く道至る場所で傾斜が多く、それもキツイためかなり時間がかかりました。

あんにー

山でも登ってるのかな?

想像よりも多めに見積もって移動することをおすすめします。

また、大通りではない道は基本的に小道になるので地元の人ではないと迷子になります。

お店と人の比率が異常

観光地なのです人が多いことは理解できるのですがそれに比べて飲食店は少ないです。

コロナ禍の影響から閉業をしているからなのかシャッターが閉まっているお店が多かったです。

それにより少ない飲食店のお店が激混みに化します。

昼食は11時、夜食は17時にお店に着いていると既に混んでいます。

早め早めの行動を意識していると行きたかった場所が1つ2つ程いけなくなります。

あんにー

山盛りの海鮮と熱海プリンを食べられなかったことが今でも後悔・・

永遠に待たされる

熱海銀座という飲食店街は激混みでどれも1時間以上待つハメになり少しでも人が少ない店を探しました。

歩くこと1時間、誰も並んでいないお店を見つけて入りました。

するとすぐに追い出されて「席が空いたら呼ぶから外で待ってて」と言われました。

「すぐに入れそう!」と胸を高鳴らせて待つこと10分20分30分、そして60分。

店員さんからは何も声掛けはなくひたすら外で待ち続けました。

その間にも4組ほどお店からお客さんが出てきたのに呼ばれずじまいです。

後から並んだお客さんも次々と消えていき渋々その場から離れることにしました。

結局その日の夜食は20時ほどから食べ始めました。

あんにー

世にも奇妙な物語だよ・・

明細がないレシート

やっとの思いでお店を探し出すことができてすぐに店内へと案内して頂けるお店にも出会えました。

そこは焼き鳥を主としたお店で2階へと案内されました。

すでに大勢の人がいて1つだけ席が空いていました。

タイミングが良かったと喜んだのもつかの間、2階は女性が1人で切り売りしており頼んだ商品が中々来ませんでした。

最初は、「忙しそう・・」と平然を保てていましたが宴会をしているグループには次々とメニューが来るのにコチラにはおしぼり、お冷、箸なども届いていません。

店員さんに申し訳ない気持ちで度々注文の確認をし続けたところ、努力が実りやっと焼き鳥1本届きました。

その後少しずつ注文した品が登場しましたが、混んでるとはいえかなり待たされたことにテンションが下がり気疲れしました。

そしてお会計をしようとしたら付箋のようなものに18000円とだけ書かれておりこれを1階に持っていくように言われお支払いしました。

確認しようとレシートを拝見したところ頼んだ商品の表記がなく、というよりかは商品の表記が何もないレシートを渡されて笑顔で「あらっした〜」。

あんにー

今は令和やで・・
昭和みたいな悪徳さと感じました・・

頼んでいない物が登場

何を頼んだのかは伏せさせていただきますが、焼き鳥のもも、皮、ぼんじりを1本ずつ頼んだのにシーザーサラダが1つだけ来るようなイメージです。
(語彙力ごめんなさい・・)

もちろん商品の交換も返金もなかったです。

あんにー

間違えることはあるけど〜

誤魔化された

最後には、「うちはこのやり方なんで」とお店側の事情を共用されました。

1つ1つ出来事を説明して誤解を取り除こうとしても「かもしれないですけど〜」と誤魔化されます。

あんにー

街全体、熱海市に騙されたような感覚・・

治安が悪い

日中は単車、夜は走り屋の人なのか車がうるさいです。

改造車と言うかマフラーを社外使用にしている単車、車が多いです。

街には至るところにゴミが散乱しており、熱海のイメージが崩れてしまいました。

観光客の仕業かはわかりませんがゴミが多く落ちていると印象に残りました。

外国の人は少なく、日本人が多い印象で観光地にしては珍しさを感じます。

ぼったくりからま逃れるポイント

熱海での経験を活かしてまとめてみました。

他記事を調べたところ、お店の雰囲気で気をつけるなど書いてありましたが実際観光しているうきうき気分の中、冷静に判断をしたり初めて行く地を雰囲気だけで判断をすることは、厳しいと考えたので改めてまとめてみます。

あんにー

まさか自分がぼったくりに会うなんて・・

大掛かりなぼったくりはなく、気がつかない程度のぼったくりは観光地特有の多さ

混んでいても我慢して並ぼう

裏路地に差し掛かった人混みの少ない通りは、そういうお店に遭遇する可能性もあります。

法律に関して詳しくはないのですが物的証拠がないと警察の捜査は入らないため被害届けを出すのみという単純に損をするだけです。

仮に証拠があったとして被害届を出した場合お店側に刑罰が下りますが警察に罰金刑としてお金を支払うのみだと考えています。

つまり自分の身は事前に守るしかないのです。

なるべく人混みに紛れ込みましょう。

そして込むのが嫌なら早め早めの行動を。

1つのお店でたくさん飲食をしない

お酒が入ったりたくさんの注文をすると何を何個注文したかわからなくなります。

チェーン店や普段行き慣れているお店ならいいのですが初めて行く地や観光地は少し気にかけて行動したほうが後悔しないと思います。

無難にホテルでの夜食か食べ歩きをおすすめしたいです。

キャッチに付いていかない

観光地に限らない話ですが基本的にキャッチは後悔をすると覚えておきましょう。

もちろん全員が全員悪質とは限らないですが条例違反である以上キャッチが善人とは考えにくいです。

キャッチを用意しなくても人気なお店を選べば解決されます。

油断は禁物

優雅に休暇を取りたいところですがお金のやり取りが行われる場所では少し気を張りましょう。

事前に調べた上で観光をすることをおすすめします。

行き当りばったりで決断をしていくと想定外の出来事に陥ることもあるため備えあれば憂いなしに従いましょう。

大型連休なのにすぐに入店できる

恐らくココが大きな見極めポイントと感じます。

1席だけ空いていたりするお店は少し経過心を持ちましょう。

またそういった場合周囲の人間は地元人だったりします。

アウェイな空間と感じた場合は最悪の事態も考慮した上で早めの行動を取りましょう。

プライバシーを保護するために店名は伏せさせていただきますが焼き鳥がメインのお店でした。

街を歩いているとすれ違う人たちの会話の中から「あんなに高いの?」的なニュアンスは聞こえてきたことを後になってから気が付きました。

同じお店かはわからないですが皆さんも観光地は気をつけてください。


最高のひとり旅へ

必要な知識さえあれば優雅なひとときを送ることができます。

何も調べずに放浪の旅も好きですが知らない土地は、損をしてしまう可能性もあるので気をつけたいと思います。

外から見ると熱海と内から見る熱海のギャップに少しばかり戸惑いましたが贅沢なひとときを過ごせました。

熱海は陸・海・空共に最高の場所です。

事前に調べた上で熱海への旅行をしてみてはいかがでしょうか。

さいごに

空いた時間にすぐに見ることができるように、
”お気に入り登録”や”ブックマーク”をお願いします。